助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

2008年6月アーカイブ

社会保険労務士の仕事

世の中にはたくさんの職業があります。

 

どの職業も世の中に役立っているから存在しているわけで、不必要な仕事は既に淘汰されているものだと思っています。

 

その一つ一つの職業の名前を言ってみて、その仕事内容がすぐにイメージしてもらえるものもあれば、「???」というような職業もあるかと思います。

 

職業自体が、世の中の一般の方に認知されていないような場合は後者のイメージが付きまとうわけですが、まさか「八百屋さんの仕事」をイメージできない方はあまりいらっしゃらないでしょう。

 

社会保険労務士の仕事はどちらかというと、後者に属するのではないかと思います。

 

最近でこそ、年金の問題でマスコミに取り上げられ、一般の方にも認知され始めましたが、それでもまだまだという感じがします。

 

士業という大枠の中に分類されることが多いですが、例えば弁護士だったり、税理士だったり司法書士という他の士業は一般的に認知されているほうだと思います。

 

社会保険労務士。

 

あまり知らない人は「税理士さんかなんにかですか?」という士業のうちの一つであるという返事をされます。

 

ちょっと知識のある人は「あ~、年金の専門家の方ですね」とおっしゃっていただけます。

 

企業の役員の方ですと「人事関係のお仕事されているんですね」とかなり的を得た返事をしていただけます。

 

当たり前のことですが、自分に全く関係の無い仕事をしている人と初めて話をする場合、接点が無いわけですから、上のような反応になってしまいます。

 

八百屋さんが提供するサービスにお世話になっていない人というのはこの世でほとんどいらっしゃらないから、認知度が高いとうわけです。

 

次回に続く・・・

トラックバック(0)  | (2008年6月30日 07:03)

吉野家

いつも、夜遅くまで仕事をしているので、夕方ちょっとした食事をします。


商談がその時間に終わると、たいていラーメンか吉野家に寄ります。


この前も、秋葉原の吉野家にお世話に成りました。


ええ、もう本当に「お世話に成りました!」よ。その日は。


今から思えば、ちょっと食べた時に「味が違うなぁ」と思ったのは確かで、でも腹の空き具合に負けて、流しこんだのですが、そこから急に体調が悪くなりました。


仕事も途中で切り上げ、寒気を感じながら家にたどり着き、風呂に入ってそのまま寝ました。


夜中。


腹がムカムカ。


トイレに駆け込み、口からリリース。


朝起きても、下腹部がグルグル・・・


昼ぐらいに、またトイレに駆け込み、今度はお尻から、リリース。


すると、あら不思議。


ものすごい、元気を取り戻しました。


やっぱり、なんか変なものを食べさせられたのだろう。


先週は、仕事がかなりタイトで時間が惜しかったのに、体調を狂わされるなんて。


先週から体重1kg減りました。


しばらく、吉野家には行かないよ~だ。

トラックバック(0)  | (2008年6月 9日 07:45)

ページの先頭へ