助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

改正労働者派遣法2-2~派遣労働者の無期雇用化や待遇の改善~ 均等待遇の確保など

                                                       

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
前回に引き続き、労働者派遣法の改正についてお話しします。
 
今回も、改正内容の2つ目の柱、派遣労働者の無期雇用や待遇の改善その2です。
 
***************************************
 
3.均等待遇の確保
 
 
 派遣労働者を雇用しても、その雇用形態ゆえ、必ずしも日々の働きに見合った待遇がなされていないケースが数多くあります。
 
 そこで、こういった課題を解決するために、派遣元事業主・派遣先事業主の双方に、配慮義務が課せられることになりました。
 
 では、その配慮義務の中身は何かということですが、まず、派遣元事業主には、派遣労働者の賃金の決定時、以下の要素の配慮が義務付けられました。
 
☆派遣労働者と同様の業務を行う派遣先の直雇用の労働者との賃金水準との均衡を考慮した賃金の決定
☆派遣労働者と同種の業務を行う一般労働者の賃金水準との均衡を考慮した賃金の決定
☆派遣労働者の職務の内容、成果、意欲、能力、経験等を勘案した賃金の決定
 
 
 そして、派遣先事業主は、教育訓練・福利厚生の実施等について、派遣労働者と同種の業務を行う派遣先の直雇用労働者との均衡に配慮すること義務付けられました。
 
 
 
 
4.マージン率等の情報公開の義務化
 
派遣元事業主は、労働者や派遣先事業主が、適切な派遣会社を選択できるよう、事業所ごとに、マージン率(いくら手数料をもらっているかの率)や、教育訓練に関する取組状況等の情報を提供することが義務化されました。こちらは、詳しくは弊事務所にお問い合わせ頂くか、厚生労働省のHPで内容を確認して下さいませ。
 
 
 ではまた次回に!
***************************************
 
 
くわしく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月24日 11:31)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://sr-htanaka.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/108

ページの先頭へ