助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

産前産後休業期間中も保険料が免除されることになりました!

 
こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。

 
 さて、前回に引き続きまして、今回も年金の法改正内容をお話しします。
 
***************************************
 
 今回は、出産や育児と仕事を両立したい従業員の方にとっては朗報、保険料免除のお話です。
 
 
 今回の法改正で、
 
産前産後休業期間も、本人の申し出により厚生年金の保険料が免除されることになったのです。 (公布の日から2年の範囲内で政令で定める日に施行)
 
 
もちろん、免除期間は保険料を支払った期間と同等に扱われ、将来の年金額に反映されます。
  
 
現行では、育児休業を取得している従業員は、本人の申し出により、事業主および従業員本人の厚生年金保険料が免除されていました。 
 
法律用語でいうと、育児休業を取得する日の属する月から育児休業の終了日の翌日が属する月の前月分の厚生年金保険料が免除されることになるのですが、今回の改正で、産前産後休暇を取っている従業員にもそれが適用されることになったわけです。
 
 
出産すれば、健康保険の「出産育児一時金」がもらえますし、産前産後休暇中については、同じく健康保険の「出産手当金」がもらえます。
 
しかし、「出産手当金」などは、産前産後休暇が終わらないことにはもらえない給付ですので、実際、産前産後期間中のお給料が支払われない時に、保険料だけは、会社を経由して、国に納めなければならなかったのです。
 
出産は、ただでさえお金がかかるもの、できる限り出費を抑えたいのは当然です。その中で、産前産後休暇から厚生年金の保険料が免除されるとは、出産・育児と仕事を両立させたい女性にとっては、まさに朗報ですね!
 
***************************************
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 13:40)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://sr-htanaka.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/101

ページの先頭へ