助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

遺族基礎年金が夫も受給できることになりました!

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
さて、今回の法改正内容の紹介は、次の内容についてです。
 
 
***************************************
 
今回は、遺族基礎年金の男女差が解消されたことについてお話しします。
(平成264月施行)
 
 ***************************************
 
 現行では、遺族基礎年金は、諸要件を満たした又はに支給されます。けれど、法改正により、諸要件を満たせばももらえることになったのです。
 
 
 遺族基礎年金の制度の背景には「夫唱婦随」の精神とでも言うのでしょうか、夫は外で働き、妻は家庭を守るという役割があり、いわば大黒柱の夫がいて、その夫を陰で支える妻という構図が当たり前の世の中で、この制度がぴったりはまりました。
 
 
 しかし、現在、女性の社会進出の目覚ましさ、男性の失業率の大幅な増加などの社会情勢に伴い、妻が一家の大黒柱で夫が家庭を守る夫婦も大勢いるわけです。そんな中、大黒柱の妻が亡くなり、夫はこれから幼い子供を育てて奮起していかなければならない、けれど、夫だから遺族基礎年金はもらえませんでは、あまりに夫がかわいそうです。そんな時代背景をベースに見直しが行われたようですね。
 
***************************************
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月10日 17:29)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://sr-htanaka.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/104

ページの先頭へ