助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

雇用調整助成金・中小企業緊急安定助成金 支給要件が変更されます!

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。

*************************************** 

さて、皆さんは雇用調整助成金中小企業緊急雇用安定助成金をご存知でしょうか?

これらは、経済上の理由で事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員を一時的に休業させた場合などに、手当や賃金の一部を助成するものです。

平成20年のリーマンショック以降、支給要件を緩和することで、多くの事業主さんがこの助成金を利用できるようにしてきましたが、経済状況の回復に応じて見直されることになりました。(平成24年10月1日より)

 この助成金の申請をすでに行っている事業主さん、あるいはこれから申請することを検討している事業主さんは、以下をぜひご確認下さい。
 
***************************************
 
【見直しを行う要件の概要】
 
1.   事業活動縮小を判定するための生産量(または売上高)要件の見直し
 
<現行>  最近3か月の生産量(または売上高)が、その直前の3か月
または前年同期と比べ5%以上減少
 
<平成2410月1日より>
最近3か月の生産量(または売上高)が、
前年同期と比べ、10%以上減少
(中小企業事業主で、直近の経常損失が赤字であっても本要件が適用されます)
 
 
 
2.   支給限度日数の見直し
 
<現行> 3年間で300日
 
 
<平成2410月1日より>
1年間で100日(3年間で300日)
 
さらに
 
<対象期間の初日が平成25101日以降だった場合>
1年間で100日(3年間で150日)
 
 
 
3.   教育訓練費(事業所内訓練)の見直し
教育訓練を実施した時の一人1日あたりの加算額が変更されます。
 
<現行>  雇用調整助成金 2,000円/日
      中小企業緊急雇用安定助成金 3,000円/日
 
 
<平成2410月1日以降の判定期間より>
雇用調整助成金 2,000円/日
   中小企業緊急雇用安定助成金 3,000円/日
 
 
 
  ※なお、岩手・宮城・福島県の事業主には、6か月遅れで実施されます。
 
***************************************
 
不明点がありましたら、ぜひお気軽に当事務所にお問い合わせ下さい!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年11月13日 17:09)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://sr-htanaka.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/113

ページの先頭へ