助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

労働契約法が改正されました!

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
今年の8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されました。
 
改正法のポイントは次の通りです。
 
1.有期労働契約の期間の定めのない労働契約の転換
(施行日:公布日から起算して1年以内の政令で定める日)
 
2.雇止め法理の法定化 
(施行日:公布日と同日)
 
3.期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止
(施行日:公布日から起算して1年以内の政令で定める日)
 
***************************************
 
では、それぞれのポイントについて。
 
まず、
 
 
1.有期労働契約の期間の定めのない労働契約の転換 ですが、
 
契約社員やパートなど働く期間が決まっている有期雇用の労働者が、同じ会社で5年を超えていた場合、本人の希望に応じて、期間を限定しない「無期雇用」への転換が企業に義務付けられることになりました。
  
事業主さんに注意して頂きたい点は、別途就業規則等で定めが無い限り、申込時点の有期雇用契約時の労働条件と同一にしなければいけないこと、前の雇用契約との間が6ヶ月未満の場合は前の雇用契約期間に合算され、6ヶ月以上なら、前の雇用契約期間と合算されず、新しい雇用契約がスタートした時から雇用契約期間のカウントがスタートされることです。
 
 
  
2.雇止め法理の法定化 について
 
契約社員やパートなどの有期雇用契約者の雇用契約が何度も行われ、
実質的には無期労働契約と同じ状態だった場合、または、
有期雇用契約の期間満了後に、雇用契約の更新が
期待されるような働き方が認められた場合、
客観的・合理的理由を欠くような、
社会通念上相当でない「雇止め」については、それは無効になり、
雇用契約が更新されたものとみなされます。
  
「雇止め」というのは、有期労働契約者を契約期間満了時に契約更新を行わず、
契約を終了させることをいいます。
 
正社員同様に働いていた有期雇用契約者の方については、
例えば不況のあおりを受けたから次の契約更新はしないで辞めてもらうといったことは簡単にできず、
その場合は、労働基準法の解雇予告をしなければなりません。それをしなかった場合は、
雇止めは無効になるということです。
 
 
 
3.期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止 について
 
契約社員やパートなどの有期契約の労働者が、有期契約であるがゆえに、
根拠なく社員(無期契約者)と給与や賞与、昇給等の処遇に差をつけることを禁止しています。
ただ、“根拠なく”がポイントですから、やみくもに、無期契約と有期契約の雇用形態の違いで、
処遇に差をつけてはいけませんということではありません。
 
 
***************************************
 
 
不明点がありましたら、ぜひお気軽に当事務所にお問い合わせ下さい!
 
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年11月13日 17:13)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://sr-htanaka.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/114

ページの先頭へ