助成金 東京都 中央区 社会保険労務士

名前:田中 宏和

誕生日:1974年10月25日 0時頃

血液型:A型

出身地:京都府

尊敬する人:星野仙一 大学の大先輩。星野さんのように人心を掌握してみたいです。

趣味:抜け道探し

癖:上唇と鼻をくっつけること

自己紹介:

【1974年京都府宇治市に生まれる】

【1997年明治大学商学部卒業】

【1997年大手小売業に就職  大企業の労務管理を学ぶ】

【2003年社会保険労務士試験合格 働きながらの資格取得に万感の思いをする】

【2005年2月東京都社労士会豊島支部にて開業登録】

【2007年5月 同台東支部に異動 同時に台東区で凄腕の税理士の先生と提携させてもらう】

最近の記事一覧

月別アーカイブ

検索

ブログを購読

RSSはこちらから

WEB CONTENTS

注目!国民年金保険料の後納制度ができました!

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
 さて、みなさんは国民年金保険料の後納制度についてご存知でしょうか?
 
 
 8月10日に可決された税と社会保険料の一体改革の関連法案で、平成2710月から老齢基礎年金の受給資格期間(保険料を払った期間)が25年から10年になり、10年保険料を納めれば、年金の受給権を得られることになりました。
 
とはいっても、現行で保険料は納付期限から2年しかさかのぼって納められないため、受給資格期間が短縮されても救われる人はまだまだ少ない。そこで、時限措置としてできたのがこの制度です。
 
 
***************************************
  
平成24101日から平成27930日までの間に限り過去10年分の保険料未納分を納められることになったのです。
 
***************************************
 
この後納制度ですが、次に該当する人が利用できます。
 
(1)20歳以上65歳未満で、過去10年以内納め忘れの期間や未納期間がある人。
 
(2)60歳以上65歳未満で、(1)の期間のほか、任意加入期間(注釈①)に保険料の納め忘れがある人。
 
(3)65歳以上で、(1)の期間のほか、任意加入期間(注釈①)に保険料の納め忘れがあり、年金を受給する資格がない人。
 
 
(注釈①) 国民年金の加入期間は原則として20歳~60歳までですが、老齢年金の受給資格期間(原則25年)(平成2710月から10年に短縮される予定)が足りない場合は70歳まで、年金の受給額を増やしたい場合には65歳まで、国民年金に任意加入することができます。その期間を任意加入期間といいます。
 
***************************************
 
 ただ、未納期間10年分を納めて、年金の受給権を得たとしても、もらえる額は少ないだろう、だから、追納せずに老後の蓄えを今から貯金していくからいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
 
 けれど、貯金は使う一方であればいつか底をつきます。年金は、もらえる人は死ぬまでもらえます。そこは大きな違いです。
  
 ちなみに、この制度の適用対象者には、順次年金事務所から案内が届くことになっています。
  
 ご自身が対象になられた方は、ぜひ遡って保険料を納付することを検討されてはいかがでしょうか?
 
***************************************
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 16:22)

老齢基礎年金&老齢厚生年金~受給資格期間が25年から10年に!~

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
さて、今回のテーマは、老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給資格期間の短縮です。(平成27年10月施行)
 
 文字通り、老齢基礎年金および老齢厚生年金の受給資格期間が25年⇒10年に短縮されることになりました。
 
つまり、今までは保険料を25年間納めないと将来的に年金をもらう権利すら得られなかったものが、10年納めれば年金をもらう権利を与えましょうということです。
 
これは、無年金である高齢者が年々増え続けているという時代背景を反映したものにほかなりません。
 
ちなみに、平成19年の旧社会保険庁の調査によれば、当時の時点で65歳以上の無年金者が約42万人おり、そのうち、保険料の納付済期間が10年未満の人の割合が60%弱と最も多いというデータがあります。
 
今は、無年金者がそれ以上増え続けていることは間違いないので、国としてセーフティネットの確立は必至だったのでしょうね。
 
***************************************
 
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 15:49)

産前産後休業期間中も保険料が免除されることになりました!

 
こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。

 
 さて、前回に引き続きまして、今回も年金の法改正内容をお話しします。
 
***************************************
 
 今回は、出産や育児と仕事を両立したい従業員の方にとっては朗報、保険料免除のお話です。
 
 
 今回の法改正で、
 
産前産後休業期間も、本人の申し出により厚生年金の保険料が免除されることになったのです。 (公布の日から2年の範囲内で政令で定める日に施行)
 
 
もちろん、免除期間は保険料を支払った期間と同等に扱われ、将来の年金額に反映されます。
  
 
現行では、育児休業を取得している従業員は、本人の申し出により、事業主および従業員本人の厚生年金保険料が免除されていました。 
 
法律用語でいうと、育児休業を取得する日の属する月から育児休業の終了日の翌日が属する月の前月分の厚生年金保険料が免除されることになるのですが、今回の改正で、産前産後休暇を取っている従業員にもそれが適用されることになったわけです。
 
 
出産すれば、健康保険の「出産育児一時金」がもらえますし、産前産後休暇中については、同じく健康保険の「出産手当金」がもらえます。
 
しかし、「出産手当金」などは、産前産後休暇が終わらないことにはもらえない給付ですので、実際、産前産後期間中のお給料が支払われない時に、保険料だけは、会社を経由して、国に納めなければならなかったのです。
 
出産は、ただでさえお金がかかるもの、できる限り出費を抑えたいのは当然です。その中で、産前産後休暇から厚生年金の保険料が免除されるとは、出産・育児と仕事を両立させたい女性にとっては、まさに朗報ですね!
 
***************************************
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 13:40)

パートタイム労働者の社会保険の適用範囲が拡大されます!

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 さて、前回は平成24年8月10日可決・年金に関する法改正内容をピックアップしましたが、今回から、その詳細について説明します!

 
***************************************
 
まず、事業主さんにとって目玉となるのは、
 
パートタイム労働者の社会保険の適用が拡大されたことではないでしょうか?
(平成28年10月施行)
 
現行 30時間以上働くパートタイム労働者は社会保険の加入対象となりますが、
 
平成28年10月からは、
 
①週20時間以上働いており 
②月額賃金88千円(年収106万円以上)
1年以上継続して勤務しており
④学生以外の人
 
上記の人は社会保険の加入対象になります。
 
正規労働者と非正規労働者の社会保険制度の格差を是正するために改正された法案ですが、事業主さんにとってはなかなか厳しいところです。
 
 ただ、当分は従業員数501人以上の企業が対象となりますので、今のところ、中小企業主さんは胸をなでおろしていただけるかと思います。
 
***************************************
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 13:37)

年金法改正ピックアップ!(8月10日参議院で可決)

 

こんにちは。田中宏和社会保険労務士事務所です。


 
さて、今年の8月10日に、参議院で「社会保障と税一体改革」の関連法案が
可決・成立したニュースはご存知でしょうか?
 
その中で、年金に関しては目玉改正もあり、事業主さんや被保険者の皆さんにとっても、
興味深いのではないでしょうか。
 
そこで、今回は、年金に関してどのような改正があったのか紹介していきたいと思います。
 
 
 ************************************
 
(1)平成26年4月施行分
①遺族基礎年金の男女差解消
 
 
(2)公布日から2年の範囲内で政令で定める日に施行される分
①産休期間中の保険料免除
 
②年金繰り下げ支給の取扱いの見直し
70歳到達後に年金の繰り下げの申し出を行った場合、70歳にさかのぼって申し出があったものとみなされることになりました。
 
③未支給の年金の請求範囲の拡大
今までは未支給の年金については、生計を同じくする配偶者・子・孫・祖父母・
 
④保険料免除期間に係る保険料の取扱いの改善
保険料免除期間に、保険料を前納していた場合、その保険料は還付されたり、法定免除期間の保険料納付と前納が可能になったりといった改善が行われました。
 
⑤所在不明の高齢者に係る届出の義務化
年金を受給している高齢者が所在不明となった場合、その旨の届出をその受給者の世帯員に対して求め、年金支給の一時差止めを行うことになりました。(平成22年の高齢者行方不明問題とそれに伴う年金の不正受給の多発の防止を国が本格的に行おうといった意志が強く感じられますね。)
 
 
(3)平成27年10月施行分
①年金受給資格期間の短縮
 
②被用者年金一元化
厚生年金制度に共済年金制度などが一元化され、2階部分の年金は、原則厚生年金に統一されます。
 
 
(4)平成28年10月施行分
①パートタイム労働者の厚生年金被保険者の適用拡大
 
②厚生年金標準報酬月額の下限改定
標準報酬月額の下限が98,000円 → 88,000円 になり、その後に続く従来のと等級が繰り下げられます。
 
 
 ************************************
 
 
 
詳しく知りたい方は、ぜひ以下の連絡先まで!
 
社会保険・労働保険・労務管理のことでお困りの方はぜひご連絡下さい。
労働保険・社会保険のプロフェッショナルである社会保険労務士が丁寧に対応いたします!
---------------------------------------------------------------------------------------------
田中宏和社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 田中 宏和
103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル202号室
(電話)03-6202-4864   (FAX)03-6202-4865
(URL) http://www.sr-syaroushi.com/
---------------------------------------------------------------------------------------------
トラックバック(0)  | (2012年9月 6日 13:09)

34歳

10/25は僕の誕生日です。


34歳という、まぁ微妙な年齢になりました。


一般的には10/25に34歳になったという感覚があるかと思いますが、


法律(年齢に関する法律 明治35年12月2日法律第50号)によれば


(年齢に関してもきちんと法律で決められています)


10/24に34歳になることが決められています。


例えば、皆さんの年金手帳を見てみてください。


20歳で学生だった人は国民年金に加入した日は誕生日の前日になっていると思います。


とまぁ、理屈を述べたわけですが、


なんにせよ、34歳になりました。


34歳なって思ったことではないですが、電車とか町を歩いているとき


周りの人は僕のことを何歳って見ているんだろうと思うときがあります。


やっぱり、若い人からすると


「おっさん」


としかみてないんやろうなぁ・・・・


目指すはダンディーなジェントルマンだ!

トラックバック(0)  | (2008年10月24日 22:26)

JAZZ

iPodで今、JAZZを聞いています。


有名な曲ばかりを100曲集めたものです。


学生の頃は、J-POPを中心に聞いていましたが、社会人になってからはなぜか音楽と疎遠になってしまい


好きなB'zばかりを聞いていました。


たまには違うジャンルも聞くのもいいかなと思って、選んだのがJAZZ。


なぜ?


といわれても明確な答えはありませんが、


妙に、聞いていると心が落ち着くというか、時間がゆったりと流れている気分になります。


ちょっとした1日の安らぎTIMEになっています。

トラックバック(0)  | (2008年10月23日 07:27)

ゴミの分別

今まで僕が住んできたところは、偶然にもゴミの分別が厳しいところではなく、僕はいまだにペットボトルの外側


の部分、あの、ペリペリめくるところもぺりぺりめくることなく捨てて育ちました。

 

分別の厳しいところに住んでいる友達からは、「きちんと分別せなあかんやろ!!」って突っ込まれるのですが

 

僕は昔から「んなもん、気合い入れて燃やせば何でも燃やせるゴミや!!」といってほとんど逆ギレしてました。

 

(清掃組合の方、本当にすいません)

 

しかし、最近は僕のその間違った考え方もどうやら間違ってはないようになってきたらしいです。


というのも、燃やしても有害なガスが出ないように燃やすという焼却炉を開発したらしく、それこそなんでも

 

燃やしてOKなので、金属以外だったら燃えるゴミとして出しても良くなってきているそうです。

 

いやぁ、なんでも気合いっすよ。気合い。

 

気合いがあれば、なんとやら・・・・

 

日本の技術は本当にすごいですね。

 

(自分の反省はどこ行った?)

トラックバック(0)  | (2008年10月17日 07:20)

むむ、社会保険事務所め!

昨日、妻のところに、年金特別便が届きました。


もちろん、すぐに開封して中を確認しました。


僕と結婚する前は、未納期間もあったのですが、結婚後はさすがに僕の面子も立ててくれて


きっちり納付してくれてます。


しか~し、年金特別便をみると、1ヶ月未納期間を発見しました。


そんなわけないやろと、思うのですが、ぽこっとその一月だけ、未納になっています。


年金が大騒ぎになる前に、自分の年金を簡単に調べられる方法をみつけて管理してきたのですが


(管理の方法は簡単。http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm にアクセスしてIDとパスワードを発行してもらえば、自宅で簡単に確認することができます)


それでも、未納扱いするとは!!


社会保険労務士として、数々の社保事務所の協力をしてきたのに、この仕打ちは!


しかし、どないなってんねん、社保事務所の管理体制は。


皆さんの年金加入記録は大丈夫ですか?


年配の方だけが、問題となっているわけではありませんよ。


若い方、特に女性は要注意ですよ。

トラックバック(0)  | (2008年10月15日 07:28)

公式戦終了です

こんばんは。


今日で阪神タイガースの公式戦が全部終了しました。


結果は2位で、プロ野球界で後世に語り継がれる歴史的屈辱を味わったシーズンでした。


昔からの阪神ファンとしては、たとえ13ゲームあいていようと、ずっと不安な気持ちで一杯でしたが、


それが現実となると、やはり堪えられません。


横浜戦で負けが決まった時から、新聞もテレビのニュースも一切見なかったのですが、その間にまたまたサプライズな出来事もありました。


岡田監督の引退です。


今シーズンの責任をとってということですが、僕個人的には来年以降も続けてもらいたかったです。


今年のシーズンが始まる前に、巨人の戦力補強が話題になりました。


そのときに岡田監督が言ったことは「絶対、今の阪神の戦力で優勝したる」と。


これこそが、阪神に脈々と流れている伝統的な考え方やと思います。


巨人が大金を使って戦力補強を批判する人がいます。


僕はそれは巨人という球団の伝統からすれば、しょうがないことだと思います。


大きな戦力に小さな戦力が知恵と工夫と創造力をもって挑む、これが阪神イズムだと思っています。


巨人が、FAで大量に4番打者を取った時期がありました。


さすがに、「汚いわぁ~」と思ったときもありましたが、4番打者ばかりでは野球にならないこともわかりました。


やっぱり野球は、1~9番打者、それぞれに役割があって、4番ばかり集めても野球にならないということがわかると


どこかで、巨人は強くないと思ってしまいました。


しかし、今年は勝手が違っていました。


巨人にも若手や、生え抜きの選手が増え、弱いとされてきた中継ぎの人もいい人が出てきました。


こうなると、理にかなった野球をしてくるので、同じ土俵で戦っている気になります。


そうなると、個の力の差が出てくるようになってきます。


それが一番、巨人にされると嫌なことなんです。


理にかなって個々が強い。


こうなると、小さな戦力は歯が立たなくなってしまいます。


しばらく、巨人中心のセリーグの時代が続くと僕は思います。


また、強い巨人に立ち向かう小さな戦力阪神という構図が出来上がるのではないでしょうか。


でも、阪神のいままでの虎とは違っていることを見せ付けてやれると思います。


それができるのが、岡田監督やと思っていたのに。


後任は真弓氏という噂が出ていますが、さて真弓氏は阪神イズムを持っている方でしょうか?


いやいや、来年のことはさておき、まだCSが残っています。


阪神の選手は、岡田監督の辞任を聞いて粋に感じてもらわないとあきません。


歴史的敗退の原因はあなた達のプレーが原因なんですから。


岡田監督に責任を押し付けるのはよくありません。


岡田監督がああいった責任を取るのならば、せめてリーグの責任をCSで返してもらいたいもんです。


つまり、優勝。


優勝でしか岡田監督は浮かばれないと思います。


頑張れ、タイガース

トラックバック(0)  | (2008年10月13日 07:43)
<< 前の10件 

ページの先頭へ